ビジネス・経済・就職

W 日本スーパー名鑑 '17 CD-ROM (Win版) 【本】 赤字超特価,新作登場

関連アイテム基本情報ジャンル経済・ビジネスフォーマット本出版社商業界発売日2016年11月ISBN9784785505141発売国日本関連キーワード 9784785505141 【FS_708-2】 ご注文の前に必ずご確認をお願いします。 在庫情報 「在庫あり」商品は通常当日~翌日までに出荷します。 「お取り寄せ」商品も掲載しています。 出荷日の目安は左のリンクよりご確認ください。  出荷目安の詳細はこちら >>楽天市場内検索 『在庫あり』表記について

W 日本スーパー名鑑 '17 CD-ROM (Win版) 【本】 赤字超特価,新作登場 —— 69,300円

ビジネス・経済・就職

《》CD-ROM 株価チャート 2014新春 正規品,人気セール

商品説明CD-ROM 株価チャート 2014新春シ-デイ-ロム カブカ チヤ-ト 2014 シンシユン CD ROM カイシヤ シキホウ シリ-ズ会社四季報シリーズ

《》CD-ROM 株価チャート 2014新春 正規品,人気セール —— 8,500円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「カーナビゲーション(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書 品質保証

■パテントテック社  ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2011年7月5日 ■資料体裁:A4版、206頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-052-2 ■<収録内容>  書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト)  およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ)  が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「カーナビゲーション」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近注目する技術は何なのか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、 等を明確にして、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである 2.特許情報の収集と処理  本調査報告書は、「カーナビゲーション」に関する過去10年間(国内公開日:2001年1月1日~2010年12月31日)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト 「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は17,797件である。 3.報告書の構成  本報告書は、次の三つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.詳細(出願人、特許分類、キーワード)分析   ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、    以下の3グループの観点から分析を行った。   (1)情報種別系キーワード(位置情報、地図情報など12個)   (2)手段系キーワード(案内手段、演算手段など19個)   (3)目的・効果系キーワード(容易、簡単など13個) 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴  ●「カーナビゲーション」に関する技術動向が分かりやすく把握できる  ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい  ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよびパテ   ントチャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる。 ★内容の詳細は書籍版「カーナビゲーション(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「カーナビゲーション(2011年版)」技術開発実態分析調査報告書 品質保証 —— 55,600円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤」技術開発実態分析調査報告書 人気,爆買い

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2014年5月30日 ■資料体裁:A4判、243頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-374-5 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どのコンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤」に関する最近10年余(国内公開日:2004年1月1日~2014年4月30日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 882 件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.上位20出願人比較分析  C.上位5出願人個別分析  D.特定4社比較分析(1位メニコンG、2位ノバルティスG、3位ボシュアンドロム、4位ジョンソンアンドジョンソンビジョンケア)  E.上位20特許分類分析  F.特定特許分類分析  G.キーワード分析  H.直近2年間の動向分析(2012年5月~2014年4月)  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤」技術開発実態分析調査報告書 人気,爆買い —— 47,700円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「ロボット制御技術」技術開発実態分析調査報告書 爆買い,人気セール

■パテントテック社  ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2009年4月20日 ■資料体裁:A4版、186頁、【CD-ROM版】 ■CD/対象公開特許情報データは添付されません。 ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  ロボット制御技術を取り巻く市場や技術環境は目まぐるしく変化しており、競争に打ち勝つにはどの部分に焦点を絞り込むべきか、どの分野が着目されているのかなど、一歩先を行く開発戦略が必要となる。調査報告書はこうした要求に応えるために技術戦略上の基礎データを提供することが目的である。 2.特許情報の収集と処理  平成11年(1999年)から平成20年(2008年)までの10年間に公開された公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ製)を使用し、検索、収集した。報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は8,960件である。 3.報告書の構成 (1)書誌データによる分析(過去10年)  A.ランキング分析(リスト)  B.時系列分析  C.ニューエントリ・リタイアリ分析  D.上位出願人と分類の関係分析  E.上位出願人のユニークな技術分析 (2)技術開発の概説 (3)技術データの分類体系 (4)技術データによる分析(最近公開の515件)  F.技術分類分析   F-1 技術分類別公開件数ランキング   F-2 技術分類相互の公開件数相関   F-3 上位40出願人と技術分類の公開件数相関 (5)今後の技術開発動向の予測    4.本報告書の特徴   ●技術データによる分析   ●直近までの分析により今後の技術動向を予測 ★内容の詳細は書籍版「ロボット制御技術」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「ロボット制御技術」技術開発実態分析調査報告書 爆買い,人気セール —— 20,300円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「両面接着テープ(シート)」技術開発実態分析調査報告書 数量限定,人気

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2013年8月5日 ■資料体裁:A4判、248頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-257-1 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「両面接着テープ(シート)」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの両面接着テープ(シート)関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移して いるか、  (3)最近10年間における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)各企業がどの弁理士(特許事務所)を利用しているか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「両面接着テープ(シート)」に関する最近10年余(国内公開日:2003年1月1日~2013年5月31日)に及ぶ公開特許について、特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 6,086 件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.上位20出願人比較分析  C.上位5出願人個別分析  D.特定3社比較分析(1位日東電工G、2位日立G、3位積水化学G)   E.上位20特許分類分析  F.特定特許分類分析  G.キーワード分析 ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)に    おいては、下記2グループの観点から分析を行った。    (1)構造系キーワード(基材、粘着剤、ライナー(剥離紙))    (2)特性系キーワード(遮光性、柔軟・弾性など13個)  H.直近2年間の動向分析(2011年6月~2013年5月)  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「両面接着テープ(シート)」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「両面接着テープ(シート)」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「両面接着テープ(シート)」技術開発実態分析調査報告書 数量限定,人気 —— 46,400円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「導電性ポリマー技術」技術開発実態分析調査報告書 お得,HOT

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2013年8月20日 ■資料体裁:A4判、233頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-264-9 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「導電性ポリマー技術」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの導電性ポリマー技術技術関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年間における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)各企業がどの弁理士(特許事務所)を利用しているか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「導電性ポリマー技術」に関する最近10年余(国内公開日:2003年1月1日~2013年6月30日)に及ぶ公開特許について、特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 12,727件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.上位20出願人比較分析  C.上位5出願人個別分析  D.特定3社比較分析(1位パナソニックG、2位住友化学G、3位信越化学G)  E.上位20特許分類分析  F.特定特許分類分析  G.キーワード分析 ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)に    おいては、下記グループの観点から分析を行った。    ・特性系キーワード(耐熱性、耐久性など16個)  H.直近2年間の動向分析(2011年7月~2013年6月)  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「導電性ポリマー技術」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「導電性ポリマー技術」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「導電性ポリマー技術」技術開発実態分析調査報告書 お得,HOT —— 45,500円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「磁性材料」技術開発実態分析調査報告書 品質保証,高品質

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社■発刊日:2013年1月7日 ■資料体裁:A4版、240頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-181-9 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「磁性材料」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの磁性材料関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移して いるか、  (3)最近10年間における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)各企業がどの弁理士(特許事務所)を利用しているか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「磁性材料」に関する最近10年余(国内公開日:2002年1月1日~2012年11月25日)に及ぶ公開特許について、特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 14,853件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.上位20出願人比較分析  C.上位5出願人個別分析  D.特定2社比較分析(1位TDK、2位日立金属)  E.上位20特許分類分析  F.特定特許分類分析  G.キーワード分析    (発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、下記2グループの観点から分析を行った。    (1)種類系キーワード(軟磁性材料、硬磁性材料など5個)    (2)目的・効果系キーワード(安定、安価など17個)       H.直近2年間の動向分析(2010年12月~2012年11月)  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「磁性材料」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「磁性材料」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「磁性材料」技術開発実態分析調査報告書 品質保証,高品質 —— 46,400円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】 「自動車ゴム製品12社分析」技術開発実態分析調査報告書 100%新品,安い

■パテントテック社  ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2009年2月5日 ■資料体裁:A4版、235頁、【CD-ROM版】 ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  自動車ゴム製品業界の主要12社に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、 (1)「自動車ゴム製品12社」にどのような技術の公開があるか、 (2)「自動車ゴム製品12社」の技術開発動向はどのように推移しているか、 (3)「自動車ゴム製品12社」が最近注目する技術は何なのか、 (4)「自動車ゴム製品12社」と共同出願人間の連携状況はどのようになっているか、 等を明確にして、「自動車ゴム製品12社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。  ≪自動車ゴム製品12社≫   ブリヂストン、横浜ゴム、住友ゴム工業、JSR、東洋ゴム工業、東海ゴム工業、   三ツ星ベルト、バンドー化学、西川ゴム工業、ミシュラン、ニッタ、鬼怒川ゴム工業 2.特許情報の収集と処理  本調査報告書は、「自動車ゴム製品12社」の過去約10年間(国内公開日:1999年1月1日~2008年12月16日)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は41,913件である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。  (1)パテントマップ編   A.技術開発成果(公開件数の推移)   B.技術開発リソース(発明者の状況)   C.技術開発分野(特許分類の分析)   D.自動車ゴム製品12社比較分析   E.自動車ゴム製品12社個別分析  (2)パテントチャート編  (3)総括コメント    4.本報告書の特徴   ●「自動車ゴム製品12社」の技術動向が分かりやすく把握できる   ●パテントマップ等で視覚的に理解しやすい   ●パテントチャートにて、特許の詳細情報が一覧できる ★内容の詳細は書籍版「自動車ゴム製品12社分析」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】 「自動車ゴム製品12社分析」技術開発実態分析調査報告書 100%新品,安い —— 14,900円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「DC-DCコンバータ」技術開発実態分析調査報告書 超激得,定番人気

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2016年4月4日 ■資料体裁:A4判、264頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-665-4 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「DC-DCコンバータ」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どのDC-DCコンバータ関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「DC-DCコンバータ」に関する過去10年(国内公開日:2006年1月1日~2016年1月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 12,848件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.2014年2月~2016年1月に新規出現した出願人、分類による動向分析  B.全般分析  C.上位20出願人比較分析  D.上位5出願人個別分析  E.特定2社比較分析(1位トヨタ自動車、2位パナソニック)  F.上位20特許分類分析  G.特定特許分類分析  H.キーワード分析 ※キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。  I. 弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 3. 本報告書の特徴 ● 「DC-DCコンバータ」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「DC-DCコンバータ」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「DC-DCコンバータ」技術開発実態分析調査報告書 超激得,定番人気 —— 49,800円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「ブレーカー(遮断器)」技術開発実態分析調査報告書 品質保証,格安

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2014年11月1日 ■資料体裁:A4判、248頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-427-8 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「ブレーカー(遮断器)」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どのブレーカー(遮断器)関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「ブレーカー(遮断器)」に関する最近10年余(国内公開日:2004年1月1日~2014年8月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 1,648 件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.上位20出願人比較分析  C.上位5出願人個別分析  D.特定4社比較分析(1位三菱電機、2位河村電器産業、3位富士電機機器制御、4位パナソニック)  E.上位20特許分類分析  F.特定特許分類分析  G.キーワード分析 ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)に    おいては、下記1グループの観点から分析を行った。     ・性能系キーワード(熱伝導性、耐熱性、効率など19個)  H.直近2年間の動向分析(2012年9月~2014年8月)  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「ブレーカー(遮断器)」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「ブレーカー(遮断器)」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「ブレーカー(遮断器)」技術開発実態分析調査報告書 品質保証,格安 —— 47,700円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「ブレーキシステム」技術開発実態分析調査報告書 大人気,限定セール

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2015年9月30日 ■資料体裁:A4判、280頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-585-5 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「ブレーキシステム」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どのブレーキシステム関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「ブレーキシステム」に関する過去10年余(国内公開日:2005年1月1日~2015年7月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 15,425 件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.直近2年間に新規出現した出願人、分類による動向分析(2013年8月~2015年7月)  B.全般分析  C.上位20出願人比較分析  D.上位5出願人個別分析  E.上位6社比較分析(1位トヨタ自動車、2位アドヴィックス、3位本田技研工業、4位日立オートモティブシステムズ、5位日産自動車、6位日信工業)  F.上位20特許分類分析  G.特定特許分類分析  H.キーワード分析  I. 弁理士(特許事務所) 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「ブレーキシステム」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「ブレーキシステム」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「ブレーキシステム」技術開発実態分析調査報告書 大人気,限定セール —— 51,100円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「日立グループ11社」技術開発実態分析調査報告書 セール,格安

■パテントテック社  ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2011年5月15日 ■資料体裁:A4版、286頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-046-1 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス 1.調査目的  日立グループ11社(日立製作所を除く)に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)日立グループ11社にどのような技術の公開があるか、  (2)各社の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近注目する技術は何なのか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、 等を明確にして、「日立グループ11社」の知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。  <日立グループ11社>  1.日立国際電気 2.日立化成工業 3.日立電線 4.日立金属  5.日立ハイテクノロジーズ 6.日立建機 7. 日立マクセル  8.クラリオン 9.日立メディコ  10.日立工機 11.日立情報システムズ 2.特許情報の収集と処理  本調査報告書は、「日立グループ11社」に関する過去10年間(国内公開日:2001年~2010年)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト (インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は48,007件である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.技術開発成果(公開件数の推移)  B.技術開発リソース(発明者の状況)  C.技術開発分野(特許分類、キーワードの分析)   ※キーワードは、発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。  D.日立グループ11社比較分析  E.日立グループ11社個別分析  F. 特定2社(日立国際電気と日立化成工業)の比較分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴  ● 「日立グループ11社」の技術動向が分かりやすく把握できる  ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい  ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよびパテント   チャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる ★内容の詳細は書籍版「日立グループ11社」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「日立グループ11社」技術開発実態分析調査報告書 セール,格安 —— 63,200円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「炭素繊維大手3社」技術開発実態分析調査報告書 新作,得価

■パテントテック社  ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2012年1月25日 ■資料体裁:A4版、216頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-085-0 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  炭素繊維大手3社(東レ、帝人及び三菱レイヨン)に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)炭素繊維大手3社にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近注目する技術は何なのか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集と処理  本調査報告書は、「炭素繊維大手3社」に関する過去10年間(国内公開日:2001年1月1日~2010年12月31日)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は2,700件である。 3.報告書の構成  本報告書は、次の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.炭素繊維大手3社の対比分析  B.炭素繊維大手3社の比較分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴  ●「炭素繊維大手3社」に関する技術動向が分かりやすく把握できる  ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい  ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよびパテントチャートの   当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる ★内容の詳細は書籍版「炭素繊維大手3社」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「炭素繊維大手3社」技術開発実態分析調査報告書 新作,得価 —— 56,400円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「燃料電池〔2015年版〕」技術開発実態分析調査報告書 SALE,新品

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2015年6月15日 ■資料体裁:A4判、291頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-537-4 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「燃料電池」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの燃料電池関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「燃料電池」に関する過去10年余(国内公開日:2005年1月1日~2015年3月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 37,598 件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.2013年4月~2015年3月に新規出現した出願人、分類による動向分析  B.全般分析  C.上位20出願人比較分析  D.上位5出願人個別分析  E.特定3社比較分析(1位トヨタ自動車、2位本田技研工業、3位日産自動車)  F.上位20特許分類分析  G.特定特許分類分析  H.キーワード分析  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「燃料電池」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「燃料電池〔2015年版〕」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「燃料電池〔2015年版〕」技術開発実態分析調査報告書 SALE,新品 —— 52,100円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「生体信号処理技術(脳波)」技術開発実態分析調査報告書 お得,お買い得

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2014年5月10日 ■資料体裁:A4判、239頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-363-9 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「生体信号処理技術(脳波)」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの生体信号処理技術(脳波)関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「生体信号処理技術(脳波)」に関する過去10年余(国内公開日:2004年1月1日~2014年2月28日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は1,143件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.全般分析  B.上位20出願人比較分析  C.上位5出願人個別分析  D.上位4出願人比較分析(1位パナソニックG、2位ソニーG、3位フィリップスG、4位日立G)  E.上位20特許分類分析  F.特定特許分類分析  G.キーワード分析 ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、下記1グループの観点から分析を行った。    (1)脳波種類系キーワード(α波など4個)  H.直近2年間の動向分析(2002年3月~2014年2月)  I.弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「生体信号処理技術(脳波)」に関する最近10年余、更には直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「生体信号処理技術(脳波)」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「生体信号処理技術(脳波)」技術開発実態分析調査報告書 お得,お買い得 —— 46,800円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「総合化学7社」技術開発実態分析調査報告書 大得価,限定SALE

■パテントテック社  ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2010年12月10日 ■資料体裁:A4版、228頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-032-4 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス 1.調査目的  「総合化学7社」に関する公開件数、発明者、および特許分類などに対し、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの総合化学関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近注目する技術は何なのか、  (4)共同出願人間の連携状況はどのようになっているか、 等を明確にして、知財の現状につき具体的なデータを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。  <総合化学7社>  1.三菱ケミカルホールディングス 2.住友化学 3.三井化学 4.昭和電工  5.宇部興産 6.東ソー 7.旭化成 2.特許情報の収集と処理  本調査報告書は、「総合化学7社」に関する過去10年間(国内公開日:2000年~2009年)に及ぶ公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ 製)を使用し、 検索、収集した。また、報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。特許情報公報の総数は46,869件である。 3.報告書の構成 本報告書は、次の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.技術開発成果(公開件数の推移)  B.技術開発リソース(発明者の状況)  C.技術開発分野(特許分類、キーワードの分析)    ※キーワードは、発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。  D.総合化学7社比較分析  E.総合化学7社個別分析  F. 特定2社(三菱ケミカルホールディングスと住友化学)の比較分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴  ●「総合化学7社」に関する技術動向が分かりやすく把握できる  ●パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい  ●パテントマップViewer(添付ソフト)により、パテントマップおよびパテント   チャートの当該部分に含まれる特許の詳細内容を調べることができる ★内容の詳細は書籍版「総合化学7社」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「総合化学7社」技術開発実態分析調査報告書 大得価,限定SALE —— 57,300円

ビジネス・経済・就職

【CD-ROM版】「血液検査装置」技術開発実態分析調査報告書 新作登場,新品

■パテントテック社   ■編集者:インパテック株式会社 ■発刊日:2016年10月3日 ■資料体裁:A4判、273頁、【CD-ROM版】 ■ISBN:978-4-86483-758-3 ■<収録内容> 書籍(PDF)とパテントマップViewer(閲覧ソフト) およびパテントマップ・チャート(パテントマップEXZデータ) が収録されています ★他社の技術開発の実態を把握し、勝ち抜くためのエッセンス ■本誌の特徴等 1.調査目的  「血液検査装置」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、  (1)どの血液検査装置関連企業にどのような技術の公開があるか、  (2)各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、  (3)最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、  (4)各企業間の連携状況はどのようになっているか、  (5)直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、  (6)この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、 等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。 2.特許情報の収集方法  本調査報告書は、「血液検査装置」に関する過去10年余(国内公開日:2006年1月1日~2016年7月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 3,471件 である。 3.報告書の構成  本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。 1.パテントマップ編  A.直近2年間に新規出現した出願人、分類による動向分析(2014年8月~2016年7月)  B.全般分析  C.上位20出願人比較分析  D.上位5出願人個別分析  E.上位4社比較分析(1位 パナソニック、2位 テルモ、3位 エフホフマン-ラロッシュAG、4位 コーニンクレッカフィリップスNV)  F.上位20特許分類分析  G.特定特許分類分析    G-1.特定特許分類分析(1)-FI分類(深さ18)、Fターム分類(深さ12)    G-2.特定特許分類分析(2)-Fターム分類(深さ8)、FIサブグループ分類(深さ13)  H.キーワード分析 ※ キーワードは発明の名称、要約、請求の範囲から抽出した。  I. 弁理士(特許事務所)の動向分析 2.パテントチャート編 3.総括コメント 4. 本報告書の特徴 ● 「血液検査装置」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく 把握できる ● 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる ● パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい ★内容の詳細は書籍版 「血液検査装置」技術開発実態分析調査報告書をご覧下さい。

【CD-ROM版】「血液検査装置」技術開発実態分析調査報告書 新作登場,新品 —— 50,500円